【デュエルリンクス】KCカップ使用デッキ②墓守バーン

デッキ詳細

スキル

デュエル・スタンバイ(真崎杏子)

モンスター3枚

2《墓守の召喚師》
1《墓守の呪術師》

魔法17枚

2《ワンダー・ワンド》
3《燃えさかる大地》
3《盗人ゴブリン》
3《ファイヤー・ボール》
3《カップ・オブ・エース》
3《革命》

罠0枚

エクストラデッキ5枚

省略

デッキ解説

真崎杏子のスキル「デュエルスタンバイ」は互いの初期手札が1枚増えるスキルであり、このスキルを利用してバーンカードを通常時より1枚多く引き込み、《革命》のダメージ増加を狙う。

デッキ自体は以前から存在していたようだが、新パック「ヴァルキリーズ・レイジ」収録の《燃えさかる大地》で大幅に強化されたといえる。

ドローソースである《天よりの宝札》を採用していないのは、《燃えさかる大地》が永続カードで、相手スタンバイフェイズにバーンが発生する為、相性が悪いからである。

バーンカードである《白兵戦》を採用していないのは、【ハーピィの狩場】と《エレクトロ軍曹》が大流行していたKCカップにおいて、フリーチェーンでないセットカードは機能しないと判断したからである。

《ビッグ・シールド・ガードナー》などの壁モンスターを採用していないのは、《サクリファイス》や《突撃指令》が大流行していたKCカップにおいて、ただの壁モンスターやリバースモンスターは機能しないことの方が多いと判断したからである。

結果、カード効果で破壊されてもサーチで後続に繋げられる《墓守の召喚師》を採用し、その《墓守の召喚師》でサーチ可能なバーンカードである《墓守の呪術師》も採用し、それらをコストにドローできる《ワンダー・ワンド》を採用したこの構築に落ち着いた。

【ハーピィの狩場】や《サクリファイス》が相手でも関係なくドローとバーンを繰り返せば勝てるのでKCカップ後半はこのデッキばかり使用していたが、後攻かつ手札事故の場合や【フライング寄生】が相手の場合はまず勝ち目がなかった為、勝率は6~7割がいいところである。

参考動画

SAKAZUKI GAMES DUEL LINKS – YouTube

関連商品

【Amazonで検索】
【楽天市場で検索】
【遊戯王ADS動画を視聴】
【デュエルリンクス動画を視聴】

コメントを残す