【デッキ詳細】リコーデッド・アライブ搭載型・サイバース族

デッキ詳細

モンスター21枚

3《デジトロン》
3《ビットロン》
3《サイバース・ガジェット》
3《レスキューラビット》
3《ドラコネット》
2《バックアップ・セクレタリー》
1《スタック・リバイバー》
1《ドットスケーパー》
2《絶対王 バック・ジャック》

魔法13枚

3《予想GUY》
1《ワン・フォー・ワン》
1《ハーピィの羽根帚》
1《ブラック・ホール》
1《おろかな埋葬》
3《トライワイトゾーン》
3《サイバネット・バックドア》

罠6枚

3《悪魔の嘆き》
3《リコーデッド・アライブ》

エクストラデッキ15枚

2《ファイアウォール・ドラゴン》
1《電影の騎士ガイアセイバー》
2《デコード・トーカー》
2《エンコード・トーカー》
1《トライゲート・ウィザード》
2《ハニーボット》
1《アカシック・マジシャン》
1《バイナル・ソーサレス》
1《ミセス・レディエント》
1《リンク・スパイダー》
1《リンク・ディサイプル》

デッキ解説

《リコーデッド・アライブ》を新規採用した【サイバース族】デッキ。

今回の構築は《デジトロン》《ビットロン》を3枚ずつ採用し、それらを特殊召喚できるカードを大量に採用した通常モンスター軸の構築となっている。

《リコーデッド・アライブ》はバトルフェイズ中の追撃はもちろんのこと、サクリファイスエスケープにも利用できる、汎用性の高い罠カードであると評価できる。

また、発動時の効果と墓地発動の効果で1体ずつ「コード・トーカー」モンスターが並ぶことになり、それらを素材に《ファイアウォール・ドラゴン》などのリンク召喚に繋げやすくなった。

ただ、現時点で《リコーデッド・アライブ》をテーマでサーチできるカードは存在しない為、今回は《絶対王 バック・ジャック》でデッキから探し出して発動を狙うことにした。

発動さえできれば強力な罠カードであることには違いないので、今後《リコーデッド・アライブ》が発動しやすくなるようであれば、更なる展開を狙うこともできるだろう。

参考動画

【遊戯王ADS】リコーデッド・アライブ搭載型・サイバース族【YGOPRO】 – YouTube

関連商品

画像の説明文
ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-
発売日:2017年6月17日 (土)
【楽天市場】【Amazon】
【参考動画まとめ】

コメントを残す