【カード考察】7月8日(土)発売『サーキット・ブレイク』に「マスター・ボーイ」が収録!

カード詳細

《マスター・ボーイ》
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/水族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
水属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの水属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、炎属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

カード考察

リンクモンスターが新規登場。

2体目の水属性のリンクモンスターであり、水属性版《ミセス・レディエント》のようなカードである。

水属性には【ガエル】【水精鱗】などの展開力の高いテーマが多く存在しており、【水フルモン】で採用可能な《フィッシュボーグ-プランター》がリンク素材として非常に優秀である。

また、《レクンガ》《タツノオトシオヤ》といった水属性のトークンを複数体特殊召喚できるモンスターも存在しており、水属性デッキであればリンク召喚に不自由することは少ないだろう。

さらに、同じ水属性モンスターを素材に指定している《バハムート・シャーク》の効果の発動が狙いやすくなり、その《バハムート・シャーク》で特殊召喚する《餅カエル》による制圧が容易になった。

《マスター・ボーイ》は水族なので《シー・ランサー》の効果で装備でき、その肩代わり効果で破壊することで②の効果の発動を狙える為、《シー・ランサー》とは総じて相性が良いといえる。

関連商品

画像の説明文
【Amazonで購入】
【楽天市場で購入】
【参考動画を視聴】

コメントを残す