【カード考察】7月8日(土)発売『サーキット・ブレイク』に「パーソナル・スプーフィング」が収録!

カード詳細

《パーソナル・スプーフィング》
永続罠
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「オルターガイスト」カード1枚を持ち主のデッキに戻して発動できる。デッキから「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

カード考察

【オルターガイスト】に永続罠が新規登場。

【オルターガイスト】版《侵略の侵喰感染》のようなカードで、コストは必要だが、毎ターン「オルターガイスト」モンスター1体をサーチできる。

コストは「オルターガイスト」カードであり、これには魔法・罠カードも含まれるが、サーチできるのは「オルターガイスト」モンスターだけである点には注意したい。

また、【オルターガイスト】のサポートカードではあるが、《パーソナル・スプーフィング》自体はカード名に「オルターガイスト」が含まれていない為、《オルターガイスト・マリオネッター》の①の効果でデッキからセットすることはできない(もし《パーソナル・スプーフィング》のカード名に「オルターガイスト」が含まれていた場合、コストで自身をデッキに戻すことができていた)。

とはいえ、《オルターガイスト・マリオネッター》でデッキからセットしたい「オルターガイスト」罠カードや、状況に応じて不要な「オルターガイスト」モンスターを他の「オルターガイスト」モンスターに変換できることから、有用性はあるといえるだろう。

フリーチェーンで発動可能であり、名称ターン1制約がないので複数枚引いてしまっても腐りにくく、相手の除去効果に合わせて「オルターガイスト」カードをデッキに戻すといった芸当もできる。

関連商品

画像の説明文
【Amazonで購入】
【楽天市場で購入】
【参考動画を視聴】

コメントを残す