【カード考察】4月15日(土)発売『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に「星杯戦士ニンギルス」が収録!

カード詳細

星杯戦士ニンギルス [戦士族/地/リンク3/ATK 2500]
リンクモンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

カード考察

【星杯】にリンクモンスターが新たに登場。

リンク素材に「星杯」モンスターは要求されていない代わりにリンクモンスター2体以上を要求するリンク3のリンクモンスター。

特殊召喚効果持ちカードが多い【星杯】であれば、①の効果で複数枚のドローが可能だろう。

《星杯戦士ニンギルス》の①の効果は名称ターン1制約があるが、複数枚ドローに成功すれば、その後のデュエルを有利に進められるはずだ。

②の効果は《幻影騎士団ブレイクソード》のような効果だが、この効果は対象を取らず破壊しない除去なので、多くの耐性持ちカードを除去できる。

さらに②の効果で、自身を含む「星杯」リンクモンスターを墓地に送ることで、自分フィールドのモンスターを途切れさせることなく相手カードの除去が行える。

③の効果は、「星杯」リンクモンスターの共通効果で、リンクモンスターを素材にリンク召喚を行うことで更なる展開を狙えるようになっている。

関連商品

画像の説明文
CODE OF THE DUELIST
発売日:2017年4月15日 (土)
【楽天市場】【Amazon】
【参考動画まとめ】

コメントを残す