【カード考察】4月15日(土)発売『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に「星杯剣士アウラム」が収録!

カード詳細

星杯剣士アウラム [サイバース族/炎/リンク2/ATK 2000]
「星杯」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
②:このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

カード考察

【星杯】にリンクモンスターが新たに登場。

「星杯」モンスター2体でリンク召喚できる為、【星杯】では重要なカードになると思われる。

現段階で「星遺物」モンスターは1種類しか存在していない為、①の効果で攻撃力を300アップしても2300にしかならず、戦闘面に関しては少々不安が残る。

ただ、今後「星遺物」モンスターの種類が増え、それらをデッキに採用できるようになれば、打点要因として活躍するようになるかもしれない。

②の効果はリンク先の自分の「星杯」モンスター1体と自分の墓地のモンスター1体を入れ替える、《輝竜星-ショウフク》のような効果であり。

リリースするモンスターはリンク先の自分の「星杯」モンスターに限られるが、蘇生するモンスターは同名モンスター以外であれば構わない為、応用が利きやすい。

また、蘇生するモンスターの表示形式に指定はないことからリンクモンスターも蘇生でき、攻撃制限はなく、効果も無効にならない完全蘇生が可能。

③の効果は、「星杯」リンクモンスターの共通効果で、リンクモンスターを素材にリンク召喚を行うことで更なる展開を狙えるようになっている。

関連商品

画像の説明文
CODE OF THE DUELIST
発売日:2017年4月15日 (土)
【楽天市場】【Amazon】
【参考動画まとめ】

コメントを残す