【カード考察】4月15日(土)発売『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に「星杯竜イムドゥーク」が収録!

カード詳細

星杯竜イムドゥーク [ドラゴン族/風/リンク1/ATK 800]
トークン以外の通常モンスター1体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

カード考察

【星杯】にリンクモンスターが新たに登場。

リンク素材に「星杯」モンスターは要求されておらず、トークン以外の通常モンスター1体でリンク召喚できるので、トークン以外の通常モンスターを採用しているデッキであれば採用を検討できる。

《星杯竜イムドゥーク》の特徴は、①の効果で追加召喚した「星杯」モンスターと《星杯竜イムドゥーク》でリンク2のリンク召喚に繋げやすいことだろう。

また、手札消費は多くなるが、①の効果でこのカードをリリースして《星遺物-『星杯』》をアドバンス召喚することで、そのリクルート効果の発動を狙うこともできる。

《星杯竜イムドゥーク》は自分のEXモンスターゾーンの拡張には役立たないリンクモンスターだが、②の効果でそのリンク先の相手モンスターを一方的に戦闘破壊することができる。

ただ、②の効果を発動できるのはリンク先の相手モンスターとの戦闘時のみなので、それ以外のモンスターとの戦闘時は低い攻撃力を晒すことになる点には注意。

③の効果は、「星杯」リンクモンスターの共通効果で、リンクモンスターを素材にリンク召喚を行うことで更なる展開を狙えるようになっている。

関連商品

画像の説明文
CODE OF THE DUELIST
発売日:2017年4月15日 (土)
【楽天市場】【Amazon】
【参考動画まとめ】

コメントを残す