【カード考察】海外版『RATE』に『Fusion Recycling Plant』が収録!

カード詳細

Fusion Recycling Plant
フィールド魔法
①:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分のデッキまたは墓地から「融合」1枚を手札に加える。
②:1ターンに1度、エンドフェイズにこのターン融合召喚に使用され自分の墓地へ送られた融合素材モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

カード考察

優秀なフィールド魔法が新たに登場。

フィールド魔法なので《テラ・フォーミング》でサーチでき、これにより《テラ・フォーミング》が実質的に《融合》すらサーチできるカードになった。

また、①の効果は1ターンに1度しか使用できないが、名称ターン1制約はないので、手札コストは必要になるものの、同名カードを張り替えれば何度でも発動することができ、複数枚引いてしまっても腐りにくい。

②の効果が発動するのはエンドフェイズ時とやや遅いが、回収できるモンスターの指定が非常に緩いので、使い方によっては面白い動きができそうである。

単純に「シャドール」モンスターなどを融合素材にして効果を発動、エンドフェイズ時に②の効果で回収、という動きで着実にボードアドバンテージを稼ぐこともできるが、《影依融合》《ブリリアント・フュージョン》《未来融合-フューチャー・フュージョン》など、デッキのモンスターを融合素材にするカードを使用することによって、実質的にそれらの融合素材モンスターをサーチできるようになったので、覚えておいて損はないだろう。

関連商品

画像の説明文
レイジング・テンペスト
発売日:2016年10月8日 (土)
【楽天市場】【Amazon】
【参考動画まとめ】

コメントを残す